今日からブログを毎日更新します!

突然ですが、今日からブログを毎日更新します! クラウドファンディングとは関係なく、クラファンが終わった後もずっと更新し続けます。 ツイッターで言葉を書くのとブログで文章を書くのはまた違うと思い直したのですよね。

【来週】10日間未満の超短期クラウドファンディングを行います!

月曜日に書いた活動資金に関するブログに大きな反響がありました。 気持ちが強く出すぎた文面で心配をさせてしまったこともそうですが、法人サポーターをしてくださった方に罪悪感を抱かせかねない表現をしてしまいました。 心よりお詫び申し上げます、大変…

【告白】深刻な資金不足に陥りました。

こんにちは、画家のミヤハヤです。 ぼくは2017年10月4日に突然、絵をはじめました。 絵の学校も行ってなければ、絵が得意でもありませんでした。(実際に学校時代の美術の成績は普通以下です) これまでの1年9ヶ月、独学を貫いて「下手でもいい」と思いなが…

【ミヤハヤのすべる話】そんな名前の間違え方アリかよっっっ!!!!!【ノンフィクション】

ぼくの名前は「勇人(ハヤト)」と言う。 由来は第58代目 内閣総理大臣だった池田勇人氏から名付けられた。

ぼくはヒーローになりたいんです

すごく本音を話すと、ぼくは起業家になりたいわけでも何かの専門家や学者になりたいわけでも、社会的に出世したいわけでもないんです。 お金持ちにも偉い人にも特になりたいとおもいません。 この思想はおそらく多くの人と異なるのではないかと思います。

池袋暴走事故の加害者に厳罰を求める遺族の署名活動にサインしました。

今年は悲しいニュースが次々と報道されていますが、その中の一つが池袋暴走事故だと思います。 この事件によって母親である松永真菜さん(31)、長女の松永莉子ちゃん(3)が犠牲になりました。

虫歯が5本見つかって歯の定期検診に行くようになりました。【歯は大事】

「歯は大切にしておけ」 昔から、そう父親に口すっぱく言われ続けたぼくですが、20代はロクに歯医者に行くこともありませんでした。

自分が嫌いでも自己肯定感が低くても、「前向き」であれば大丈夫

昔から自分のことが好きでは無いんですよね。 あと、自己肯定感も滅法低くてしょっちゅう「自分なんてクソだ!」と思ってしまいます。

骨髄バンクのドナー登録をしてきました。

先日のブログでぼくは「社会のために生きます。」と書かせて頂きました。 関連記事:ミヤハヤは社会のために生きます。 今の自分に何が出来るのか考えた結果、真っ先に行動したのが骨髄バンクのドナー登録でした。

初めての学校講義でぼくが挑んだコト。

先日、都内文京区にある郁文館高校のアートゼミで1時間の講義をさせて頂きました。 ぼくにとって初めての学校講義でもありました。 ぼくはこの講義の話を受けた時に挑みたいことがあったのです。 それがぼくの高校生だった頃を思い出して「こんな話を聞いて…

ミヤハヤは社会のために生きます。

一昨日、友人であるホームレスのウエダさんのブログを書きました。 www.hayatomiyamori.com

初めての海外「ルワンダ」に行けたことを改めて感謝します!

ルワンダから帰国して1週間ほどが経ちました。 ぼくのルワンダでの経験で伝えたかったことを3つのブログにまとめたのですが、みなさん読んでいただけたでしょうか。

スラムに住むルワンダ人に希望を与えた日本人宿KISEKI

ぼくは経済的に恵まれたわけでもく、恵まれていないわけでもない、ごく平凡な中流家庭に生まれました。 ぼくの田舎でスラムのような状況を見たことがありません。 経済的に深刻に困っている人とも出会ったことがありません。 先進国の仲間入りを果たした日本…

100万人が亡くなった「ジェノサイド(大量虐殺)」、その悲しみを乗り越えたからこそのルワンダ人のやさしさ

ぼくは今月11日に33歳になった。 1986年という昭和生まれのぼくは歩けば1分で田園畑が広がる典型的な田舎町に生まれた。 小学校は築100年を超える木造校舎で、大型台風によって「3年生教室の屋根が吹っ飛ぶ」という逸話を残している。 同級生は小学1年時、た…

「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済成長の裏で。ルワンダの格差は日本とは別次元だ。

33歳にして初めての海外、ぼくは「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済成長を見せているルワンダに海外バージンを捧げました。 ルワンダに来て驚いたのは、その街並みの美しさです。 「千の丘の国」というまるでおとぎ話に出てくるような異名を持ち、土色…

ルワンダから帰国。

昨日、夕方、無事ルワンダより帰国しました。 キガリ空港にて ツイッターでも現地での自分の様子を呟いてきましたが、本当に言葉にすることが難しい貴重な体験をさせていただきました。 これもひとえにぼくの活動を応援くださったみなさんのおかげです。 心…

30歳を過ぎても心は10歳のまま。

ぼくは30歳を過ぎたもうイイ大人だ。 小さい頃とは違い、世界が自分中心で回ってるなんて考えなくなった。 小さい頃とは違い、両親に感謝するようになった。 小さい頃とは違い、他人の心を思いやるようになった。

アートに仕事意識を持たないようにしています。

仕事というのは人々のニーズを捉え、その必要性に応えるコトで対価として金銭を得る仕組みだと考えています。 そういった意味でぼくはアートを仕事と捉えないようにして取り組んでいます。 ぼくは自分の中で幾度となく唱えている思想があるのです。 それは「…

アーティストになって長年の死にたい願望や希死念慮が無くなりました。

ぼくは物心がついてからずっと「死にたい」と思ってしまうことが多々ありました。 別に何か特別なことがあったわけではありません。 普段の日常でなぜかそう思ってしまうのです。

しらすトーストが美味すぎて5食連続で作ってしまった件

一昨日に、もう3年以上もチェックさせていただいている女優の石田ゆり子さんのインスタで「しらすトースト」なる料理が紹介されていまして。 自炊がもはや習慣になりつつあるぼくはすぐに飛びつき、翌日の朝に近所のスーパーに走り、しらすを即時に購入し早…

言葉にできない体験。

ぼくは4年以上ブログを綴ってきて言葉を大切にしてきました。 そして、その言葉でお金まで頂いてきました。

初恋の人はZARD。

厳密な初恋を言ってしまえば、小さい頃のお世話になった保育園の先生とかになってしまうんですけど、物心ついた時にちゃんと好きになったのは間違い無くZARDの坂井泉水さんです。

コンビニ弁当やマックばかりだったぼくが自炊にハマって起こったメリット

恥ずかしいお話ですが、ぼくはこれまでほとんど自分で料理をすることがありませんでした。 一時期、料理をしたこともあったのですが、すぐに飽きてはコンビニ弁当やマクドナルドをはじめとするファストフードにお世話になっていたのです。 そんなぼくが本当…

そう言えば、、、

年始にぼくは、今年叶えるべく10つの目標を掲げていました。

【御礼】ファンクラブ開始4ヶ月で40人の方がサポーターになってくださいました!

今年の1月9日にぼくは初めて月額ファンクラブを立ち上げました。 ファンクラブというだけあってオンラインサロンのように何か学べるとか有益な情報だとか、そのような代物はありません。 ただただぼくのアーティスト活動を応援したいという方がサポーターに…

【コンプレックス】自分の容姿が嫌いだったけど、許せるようになった。

みなさんは、自分の容姿が好きですか? 正直な話、ぼくは自分の容姿が嫌いでした。 ぼくの鼻孔は人より比較的大きいのですが、それを結構イジられたりしてきたんですね。

初対面で天才が言ってくれた忘れられない一言

ぼくには、たくさんの尊敬する人がいまして、その人数がかなり多いので、よく同級生の友人から 「おまえ何人好きな人がいるんだよ!笑」 と、ツッコマレます。

ありがたいことに売上が約40万円になりました!

こんにちは!ミヤハヤです。 前ブログで、個展の売上が25万円で目標金額まで20万円ほど届かなかったことを報告しました。 関連記事:【目標金額45万円】3度目の個展は売上25万円で目標には未達成でした。しかし、大きな夢が叶いました! この結果は、個展の…

【目標金額45万円】3度目の個展は売上25万円で目標には未達成でした。しかし、大きな夢が叶いました!

ぼくの3度目の個展「わたしをアフリカに連れてって展」を終えて、今日で5日が経ちました。 今回のブログでは、個展の際には欠かさず行なっている売上報告を綴ります。 まず、今回の売上目標は個展準備費用の20万円、アフリカへの渡航・滞在費の25万円の合計…

【のべ50人以上】3度目の個展は感動しっぱなしの素晴らしいモノになりました!

先日、自分の3度目の個展となる「アフリカに連れてって展」が無事、幕を閉じました。 個展直前は「誰にも来てもらえなかったらどうしよう。。。」と不安がよぎったことが何度もありましたが、個展を迎えると開展直後からどなたかが訪れてくださり、1日中人の…