今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして…

現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど厳罰を処するようになってきましたが、まだまだパーフェクトとは言えません。そこで、面接で見破る必要が出てきます。最初に、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつあれこれ質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。回答を避けるなど逃げ腰になります。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

仮に転職活動をしたとしても、全部が首尾よくいくと断言はできません。

仮に転職をしようと考えていても誰でも思ったとおりの結果が出るとは言い切れません。できれば支障がないなら歳がいかないうちに行動しておくべきです。一般的には、30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代となってからの転職活動全般は、相当に厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、重要な役職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても思いとどまることも選択項目の一つには入れておくべきです。ようするに、退職後に転職活動をするよりも、現在の会社に残りつつ、慎重に未来を構築していったほうが後悔がないはずです。

転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動をする人はますます増えています。

転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。でも、よりよい転職先を探すには、それと同時に転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することによって一度に複数の企業の情報を得ることができ、それにとどまらず、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風がある程度わかります。これから、転職フェアに参加される場合は、面接を受けるつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。それによってフェアの期間中に企業から気に入られれば、正式に応募して面接等に進む時にかなり有利なはずです。

転職の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の方が就活の…

転職の面接で着用するスーツの色に関しては、新卒の就活に準じた色味が基本です。ですので、紺や黒のダークな感じのカラーになります。転職の場面においても、スーツの色味というのはこういったような暗い感じのカラーが大多数で、そうでない色を着用している方はあまり見かけることはありません。その他の色で言えば、ごくたまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどです。だいたいは紺系や黒系がほとんどなので、面接を行う人事から見てもそういった色が違和感なく見えますから、第一印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

再就職をする際の面接のときにする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの…

再就職の面接のときにする腕時計に関しては、どう見ても目立つような時計はしていかないほうが悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計と言うのは高そうに見えるデザインだったり、といったことだけではありません。逆にチープに見える腕時計に見えるとか、そういった目立つということで真逆の意味で目立つのだと認識しておきましょう。再就職の面接のときにする腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツと一緒で、面接するにふさわしい適切なものを選択した方が良い印象を与えてくれます。とはいえ、歳にあっている腕時計ということも肝心であって、新卒時に用意した腕時計よりはわずかであっても値が張るものにした方が好印象だと断言できます。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました