未分類

未分類

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される案件の数が多いため・・

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される案件も多いため、興味のある2~3社を、ウェブサイト登録しておき、年収などの条件にあらかじめを入れておき、あとは条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に情報を集めることができます。とはいっても、初回に限っては登録するのにかなり労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。
未分類

転職活動をしていれば、「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしていて面接でほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。たとえば給料・待遇に対する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を与えるものです。
未分類

友人・知人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。それも悪いとはいわないけど転職の先の労働環境、労働条件などを紹介者の口コミをあんまり信用しすぎると後々面倒なことになることが多いです。口コミである以上、個人の口コミというのは、客観性に乏しいからです。つまり紹介者にとって、心地よい職場に思えても、、自分には、そうではない環境なのかもしれません。
未分類

転職するときは、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職するときには、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、解釈を変えると、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。
未分類

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎた…

派遣社員だからといっても、1年経ったらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職を通じて感じました。私は新婚し、生活に慣れたらすぐに子供を授かりたかったので、それまでの期間のために1年半~2年だけ現在の会社で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。
未分類

生まれて初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると考えている人・・

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が大多数だが実は、希望通りに受け取り続けるためには、職探しを行っていることが必要で、それに加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきにハローワーク職員との面談を経て、本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。
未分類

派遣先が決まりました。就業初日に派遣会社の営業担当の人と…

派遣先が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当の人と就業場所の近くにあるコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、担当者がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいなかったので店内にいるのだろうと考えコンビニエンスストアの中に入ってみると、大胆にも雑誌のコーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのところを開けて読んでいるところを発見!こんな担当者のお仕事なんて勘弁してだと感じて、そこで声をかけず気付かれないようにコンビニを出て速攻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
未分類

再就職にあたってそれなりの準備はやらなくてはいけません。

再就職にあたってそれなりの準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に見える「ファッション」は気にしている人は多いはずです。でも、近年の面接では、私服が多い企業があるので、スーツ(正装)で面接に赴く必要がないケースもあります。会社の設立間もない会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、良いイメージを持ってもらえます。
未分類

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業ともに今までとは異なった社会的な変化が現れ始めています。
未分類

より安定した人生を欲しがり「正社員」として働くことを意識している…

より安定した生活基盤を手に入れるべく正規の社員を狙っている人は相当います。とはいえ、相当に頑張っているのに正社員のためのキャリアアップが叶えられないケースも少ないはずです。非正社員の求人情報はかなりあるのに正規雇用の求人以外には目も通さずもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。
タイトルとURLをコピーしました